2024年トレーニングキャンプ

スイス・アルプス100は、2024年6月28日(金)から7月2日(火)まで、第3回トレーニングキャンプを開催する。合宿本部は、フィーシャーアルプのホテル・ユングフラウとなる。費用には以下が含まれる。

ルートは雪や天候のコンディションに合わせて設定される。

ミーティング:6月28日(金)夜

ランニング・アドベンチャーは、金曜日の夕方、フィーシャーアルプのホテル・ユングフラウでの居心地のよいスタートから始まる。おいしい夕食をとりながら、これから始まる数日間の気分を盛り上げ、すべてのオーガナイズの詳細を明確にする。

6月29日(土

たっぷりの朝食の後、いよいよリーダフルカに向かうトレイルに出発する。このルートは160kmの参加者専用だ。リーダ-フルカからベラルプ-リーデラルプ吊り橋まで下る。印象的な橋を渡った後、絵のように美しいホテル・ベラルプに向かい、アレッチ氷河の新たな絶景を眺める。帰り道は、まずギビダムダムを越えて谷を渡り、少し変わったルートでリーダフルカに戻る。そこからアレッチ氷河のモレーン沿いを歩き、ベットマーホルンの手前を右折してフィーシャーアルプに下る。ホテルでは心のこもった夕食が待っている。

コース・オンライン・マップ
総距離だ: 36km
総標高差だ: 2'320 meters
トータルの標高差で負けた: 2'320 meters

6月30日(日

日目はベットマーホルンへの西への初登から始まる。これは完璧なウォーミングアップであり、雄大なアレッチ氷河に向かって尾根に戻る。巨大なベットマーホルンと永遠の氷の間で、新鮮で澄んだ空気と息を呑むような眺めを楽しみながら、グレッチャーシュトゥーベへと向かう。ここから、いくつかの短い階段と磨かれた岩稜を経て、アスピ・ティッター吊り橋までの絵のような下りが始まる。橋の上で数え切れないほどの写真を撮ったり、揺れる橋を渡ったりして、ベルヴァルトの村を下る前に数メートル高度を上げる。レースコースから少し外れ、素晴らしい森の小道をフィーシュまで行く。2度目の冒険はそこで終わり、公共交通機関でベースキャンプに戻る。まだ数メートル高度を上げたい場合は、徒歩で上りに挑むこともできる。

コース・オンライン・マップ
総距離だ: 21.5km
総標高差だ: 860 meters
トータルの標高差で負けた: 2'020 meters

7月1日(月

今日は本拠地を出発する。ダウンヒルのトレーニングが必要な人は走り、体力を温存したい人はゴンドラで下山する。フィーシュからスイス・アルプス・トレイルをミュールバッハに向かい、そこで再びルートと合流する。リフレッシュメント・ステーションには、シェザースタットへの重要な上り坂が待っている。コーヒー、ケーキ、プレッツェルなどが用意されている。そして、2つの最長距離の重要な分岐点であるエッガーホルンへと向かう。羊の数にもよるが、正面から登る方が印象的だ。山頂からの眺めは、ビンタールの谷へ長い下り坂を下る前の激しい登り坂に報いるものだ。夜はそこでキャンプを張る。

コース・オンライン・マップ
総距離だ: 20.1km
総標高差だ: 1'780 meters
トータルの標高差で負けた: 1'420 meters

7月2日(火

4日目は100kmと160kmの難関区間に挑む。スタート地点はヴァレー州の小さな村ビン。そこでは、一見短いが難しいブライトホルンへの上り坂が始まる。ビンのエイドステーションからブライトホルンまではわずか8.1kmだが、標高差1,150mの区間が5.2kmもある。ブライトホルンの頂上に着くと、まずは谷の上下の景色を堪能してから、グレンギオルスへと転がる。そこから列車でフィーシュに戻る。最後に夕食を共にし、各方面へ出発する。

コース・オンライン・マップ
総距離だ: 21.1km
総標高差だ: 1'230 meters
トータルの標高差で負けた: 1'750 meters

Facebook       Instagram       YouTube